お知らせとか

ブログの関係で、この下に記事が表示されるまで時間がかかることがあります。お待ち下さいませ。次回参加はゆきさくらです。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰ってきた

2006年04月24日 01:39

パリ・オペラ座の白鳥の湖を見て来て…………
私、反省しました!!!!




白鳥の湖……沢山パターンかあってですね。いや、私も詳しいわけじゃないですが。プティパ版、ヌレエフ版、ブルメイステル版(私はこれ好き)……今回はヌレエフ版でした。ヌレエフが作ったから男性のパが多い……とかは\(-_\)(/_-)/ コッチニオイトイテ

ストーリーは……知ってますよね?
で、最後ですが……どう覚えてます?

1、悪魔ロットバルトと戦い、王子ジークフリードが勝利。オデットの呪いも解け、二人は永遠の愛を誓う。
2、永遠の愛を誓い、二人で湖に身を投げる。
1はハッピーエンド。2は死ぬけど、ハッピーエンドに近いかな。。。。


ここまでは、よく見ますよね? ……が、こんなのもあるんです。

3、一度オデットを裏切った(オディールに愛を誓ってしまった)王子には、もう全てが遅すぎた。オデットはロットバルトに連れ去られ、王子は湖の底に沈んでいくのだった。


今回は3でした。(バッドエンドか)
これは好みですけど、、、、見終わってがっくりきたね。救われないねーーー、悲恋っていうにはあまりにも…ねぇ。
1の爽快感よりは、少し悲しい愛の余韻を残した2のほうが好きなんだけど……3は救いようがないから!(爆)なんだったの、ここまではっ。犯した過ちはあまりにも大きい。覆水盆に帰らずという教訓は生きるだろうが、これは違う意味で切ない。
取り返しのつかない過ちで、オデットぬか喜び。のろいは解けないわ、王子は溺死だわ…悲惨極まりないです。

…………ここで、私は気がついた。
私の書くもの、バッドエンドばっかりやんーーーーーーー;;;;;;
あわわわわ、読後感が悪いってことじゃないかっ。
ベタでもハッピーエンドにするっていうのはそれなりに意味があるんだな;;;;;





そんな読後感のわるーーーい小説に目を通してくださっている方々に感謝。
これからもきっとそんなばっかりかも知れない(爆)。
↑反省はどうしたw



コメント

  1. 香之 | URL | xYs9vBQQ

    がーん。
    私、1しか知らなかった……
    2だって充分悲しいぞ?
    しかし……
    3はいくらなんでもそりゃないよね?!

    あ、みゃもさんのSSはバッドエンド多いけど、読後感はそんなに悪くないよ。

  2. みゃも@管理人 | URL | JJJ94jOc

    多いよね

    そうなんだよ、そりゃないだろって思った、実際(笑)。
    でもさ、バレエってそんなん多いよね。
    ジゼル:婚約者がいるのに村娘の心を弄んで、ジゼル発狂→死。
    バヤデール:地味な恋人がいるのに、地位と美貌(ガムザッティ)に目がくらみ→ガムザッティの陰謀で蛇に咬まれてニキヤ死→後悔した戦士ソロルは阿片中毒。
    はっ!思い出した。
    昔は私、3>2>1の順で好きだったんだ…。

    >みゃもさんのSSはバッドエンド多いけど、読後感はそんなに悪くない

    そっか、ありがと。
    じゃあもっと悲惨にしちゃってもいいのか(笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hidelovev.blog53.fc2.com/tb.php/69-023492b1
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。