お知らせとか

ブログの関係で、この下に記事が表示されるまで時間がかかることがあります。お待ち下さいませ。次回参加はゆきさくらです。

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

相続時精算課税、確定申告で必要なもの

2009年02月24日 20:35

毎年の悩み、確定申告。
今年こそe-Taxで!とおもって、カードリーダーライタ買ったのに、
住宅ローン控除1年目は税務署に来いってさ・・・・・。
ってことで。突撃してきました。

やるのは、「住宅取得に係わる相続時精算課税の申請」(贈与税)と、
「住宅ローン控除」と、「医療費控除」=(所得税)です。

★必要書類★ 

受け取る側・・・・
「戸籍抄本か戸籍謄本」
(受贈者が贈与者の推定相続人であることが分かる書類)
「戸籍の付票」
「住民票の写し」(写し=コピーじゃありません・・・たらーっ(汗)←勘違いした人がここに・・・)
「家の登記簿」(これも同上。
贈与税二人の場合は一通でオッケーですが、コピーをとって持参するとよい)

不要×(「耐震基準適合証明書」)←通常の新築のときには要らない。

★追加★
上記に加えて・・・
「建築請負契約書」
「建築請負追加契約書」(大体は追加が出るものだと思う)
「土地の契約書」
この三点の原本を持って行く。
日付と金額の書いてあるページは提出が必要なので、コピーをとること。


贈る側・・・・住民票の写し(本籍あったほうがよい)


住宅控除1年目ということで税務署申告が義務づけられていますが、
基本的に書類はすべてe-Taxで作成したものが使えました。(贈与税、住宅取得に係わる~、所得税)
税務署へ行く意味って・・・・書類を見たかっただけなのか・・・・?がっくし。まぁいいか。

それと、一生懸命「医療費控除」とかもつくりましたが今回、住宅ローンである程度控除になるので(15年間の控除を選択)、
所得税の額面によっては、不要なことも・・・。
(所得税を納めている金額までしか控除されないため)
あたりまえのことですが、すっかり忘れていました・・・。
そんなに税金納めてないよ・・・・あははw
所得税-住宅ローン控除-医療費控除(と、その他の控除)=還付金。ただし、Maxは所得税納付分。

モノクロプリンターオッケー。
・住宅の金額に含んでいいもの=インテリアコーディネート料、設計料、建築確認申請料、印紙代等。
・土地の金額に含んでいいもの=印紙代を忘れずに



とにかく!終わった~~~~~~!!!!
お金がかえってくる~~~~~~!
そして毎年、焼き肉とかに消えちゃうんだよなw


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。